本文へスキップ

横須賀グループは、会計、税務、不動産鑑定を専門とするコンサルティンググループです。

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

横須賀G通信(FAXNEWS)FAXNEWS

YF-00209

発信 平成13年5月28日

「支払割引料」勘定が無くなる


 従来、手形を割り引いた場合の割引料については、「支払割引料」あるいは「支払利息割引料」の科目で処理してきました。
 しかし、今回、企業会計審議会が新しく定めた「金融商品に係る会計基準」によって、割引手形の性格を売却によって譲渡・消滅した手形と考えることになったため、本年3月決算から「手形売却損」の科目名で処理することになりました。
 今週のFAX NEWSは手形割引料についての会計処理の変更についてです。

 改正前と改正後の手形割引時の仕訳を比較してみますと次のようになります。

例)額面1,500,000円の手形を割引き、割引料80,000円を差引かれた1,420,000円が当座預金に入金した。

(借   方)

(貸   方)

改正前
当座預金

1,420,000

受取手形

1,500,000

支払割引料

80,000

   
       
改正後
当座預金

1,420,000

受取手形

 1,500,000

手形売却損

80,000

   

(注意点)
1. この会計基準は、上場・非上場の別、資本金の大小に関係なく、全ての会社に適用されますのでご注意ください。

2. 従来の会計処理では、割引料として期間按分を行うケースもありましたが、新会計基準では売却損として扱われますので、一時の損失となり、期間按分は行わないことになります。
既に税法も改正法人税基本通達2-1-44により、一時に損金に算入することを明らかにしています。

3. また、税法上、割引手形を貸倒引当金の設定対象とできることは、従来通りですが、その際、貸借対照表への割引手形残高の注記が、今まで通り必要となります。

詳細は、当事務所までお尋ね下さい。

お問い合わせは当ホームページの無料税務相談コーナーからどうぞ。

(文責−横須賀 博)

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

お知らせ


横須賀グループ

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791(代表)
FAX 03-3861-5796
URL http://www.yokosuka.jp
 

税理士法人 横須賀・久保田

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796
URL http://tax.yokosuka.jp
 

渇。須賀不動産鑑定事務所

TEL 03-3861-5299
FAX 03-5687-8255
URL http://kantei.yokosuka.jp