本文へスキップ

横須賀グループは、会計、税務、不動産鑑定を専門とするコンサルティンググループです。

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

横須賀G通信(FAXNEWS)FAXNEWS

YF-00236

発信 平成14年2月28日

連結納税制度の選択による税負担

 連結納税制度(YF-00226YF-00232参照)を選択すべきかどうかの判断の重要な要素は、税負担が減少するのかそれとも増加してしまうのか、という点にあります。
そこで今回のFAXNEWSは、連結納税制度の選択による税負担についてです。

 単体納税(現行)と連結納税の法人税負担を企業グループ(設例、親会社:資本金3億円、100%子会社:資本金1千万円)の連結所得が黒字と赤字のケース別に計算してみました。

設例1
親会社 課税所得 50,000千円
子会社 課税所得 8,000千円(交際費の損金算入額3,600千円)

(1)単体納税の場合の法人税 16,760千円(親会社15,000千円+子会社1,760千円)
   親会社 法人税  50,000千円(課税所得)×30%(税率)=15,000千円
   子会社 法人税  8,000千円(課税所得)×22%(税率)= 1,760千円
(2)連結納税の場合の法人税 19,712千円(法人税18,480千円+付加税1,232千円) 
   連 結 法人税  61,600千円(課税所得)×30%(税率)=18,480千円
             61,600千円(課税所得)=50,000千円(親会社) + 8,000千円(子会社) + 3,600千円(子会社交際費損金算入額)
        付加税 61,600千円(課税所得)×2%(税率)=1,232千円…新税
(3)税金差額 連結納税による増加2,952千円(=連結19,712千円−単体16,760千円)

設例2
親会社 課税所得 50,000千円
子会社 課税所得△20,000千円(交際費損金算入額 3,600千円)

(1)単体納税の場合の法人税 15,000千円(親会社15,000千円+子会社 0円)
   親会社 法人税  50,000千円(課税所得)×30%(税率)=15,000千円
   子会社 法人税 △20,000千円(課税所得) →     0千円
(2)連結納税の場合の法人税 10,752千円(法人税10,080千円+付加税672千円) 
   連 結 法人税  33,600千円(課税所得)×30%(税率)=10,080千円
             33,600千円(課税所得)=50,000千円(親会社) +△20,000千円(子会社) + 3,600千円(子会社交際費損金算入額)
        付加税 33,600千円(課税所得)×2%(税率)=672千円…新税
(3)税金差額 連結納税による減少4,248千円(=連結10,752千円−単体15,000千円)

 連結納税制度では、親会社と一体として計算することとなるため、中小法人の特典である年800万円まで
22%の軽減税率や交際費の一定額の損金算入等を適用している場合には、税負担が増加することもありますので、メリット・デメリットを十分検討することが必要ですね。
詳細は当事務所まで。

お問い合わせは当ホームページの無料税務相談コーナーからどうぞ。

(文責−横須賀 博)

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

お知らせ


横須賀グループ

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791(代表)
FAX 03-3861-5796
URL http://www.yokosuka.jp
 

税理士法人 横須賀・久保田

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796
URL http://tax.yokosuka.jp
 

渇。須賀不動産鑑定事務所

TEL 03-3861-5299
FAX 03-5687-8255
URL http://kantei.yokosuka.jp