本文へスキップ

横須賀グループは、会計、税務、不動産鑑定を専門とするコンサルティンググループです。

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

横須賀G通信(FAXNEWS)FAXNEWS

YF-00314

発信 平成16年4月28日

消費税総額表示と印紙税の取扱など

マスコミが大々的に報道する中、消費税の総額表示方式がいよいよ導入され、早1ヶ月が経過しようとしています。総額表示は価格表、パンフレット、メニューや値札等で、不特定多数の者に価格をあらかじめ表示する場合に適用され、領収書や契約書には適用されません。しかし、今後はこういった文書の価格表示にも影響を与えることは必至なため、国税庁は、印紙税についても法令解釈通達を改正しました。
今回のFAXNEWSは、消費税の総額表示と印紙税の取扱などをQ&A方式でお伝えします。

1.消費税と印紙税額表上の記載金額

Q:当社は、建物の請負契約書作成にあたり、次のように価格表示を致しました。記載金額が500万円超1,000万円以下該当として印紙税額は1万円になりますか?

   請負金額 1,050万円(税込金額)

A:記載金額は1,050万円となり、1,000万円超5,000万円以下該当の2万円の印紙を貼付する必要があります。
記載金額が1,000万円とされるのは、下記のように消費税額等が明らかな場合です。

(1)消費税額等が区分記載されている次のようなケース

   請負金額1,050万円(税抜価格1,000万円 消費税額等50万円)
   請負金額1,050万円(うち消費税額等50万円)
   請負金額1,000万円 消費税額等50万円 計1,050万円

(2)税込価格及び税抜価格が記載されている次のようなケース

   請負価格1,050万円 税抜価格1,000万円

2.総額表示の特殊ケース

Q:当社は会員制のスポーツジムを運営していますが、価格表示はすべてにわたり総額表示が義務付けられますか?

A:不特定多数の一般向けに会員募集をかけるためのチラシやパンフレット・料金表は総額表示が要求されますが、会員だけを対象とした臨時のイベント参加募集のためのパンフレット・ポスター類は、不特定多数の者を対象としないことから総額表示の必要はありません。

「ちりも積もれば山となる。」小売業・飲食業・建設業等では印紙税の負担は、決して馬鹿になりません。領収書や契約書での価格の表示方法はよく考えてからシステム化し、余計な印紙税を負担しないようにしたいものです。

お問い合わせは当ホームページの無料税務相談コーナーからどうぞ。

(文責−横須賀 博)

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

横須賀グループ

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791(代表)
FAX 03-3861-5796
URL http://www.yokosuka.jp
 

税理士法人 横須賀・久保田

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796
URL http://tax.yokosuka.jp
 

渇。須賀不動産鑑定事務所

TEL 03-3861-5299
FAX 03-5687-8255
URL http://kantei.yokosuka.jp