本文へスキップ

横須賀グループは、会計、税務、不動産鑑定を専門とするコンサルティンググループです。

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

横須賀G通信(FAXNEWS)FAXNEWS

YF-00349

発信 平成17年4月18日

有限責任事業組合(LLP)制度の創設

個人や企業がリスクの高い研究開発などの共同事業を行う場合に、適した組織として、有限責任事業組合(以下「LLP:Limited・Liability・Partnership」という)制度が創設されようとしています。
そこで今回のFAX NEWSは、LLP制度についてお伝えします。

1.LLP・民法組合・株式会社の比較表

LLP 民法組合 株式会社
設立登記 登記事項 登記事項
出資者責任の範囲 有限責任
(出資の範囲内)
無限責任 有限責任
(出資の範囲内)
事業の経営 組合員が経営 組合員が経営 出資者(株主)と
経営(取締役)は分離
法人課税 課税ナシ
(構成員課税)
課税ナシ
(構成員課税)
法人課税
出資者(組合員)へ
の損益の分配
貢献度に応じた分配を
することができる
貢献度に応じた分配を
することができる
出資比率に応じて、
利益の配当をする
出資者(組合員)へ
の課税
LLPの損益を
帰属させて課税
組合の損益を
帰属させて課税
配当収入として課税
(二重課税軽減措置有)

2.LLP制度の利点

(1) 有限責任制・・・出資者(組合員)は有限責任である。
(2) 構成員課税・・・LLPへの課税は行われず、出資者に直接課税される。
(3) 損益の分配・・・損益は、労務・知的財産・ノウハウの提供など事業への貢献度を勘案した分配(出資比率と異なる)ができる。
なお、出資者に分配された損失のうち一定の範囲までの金額は、税務上の必要経費(法人は損金)の額に算入される。

3.事業としての活用例

(1) 共同研究開発事業、産学連携事業
(2) 中小企業による連携事業、専門家集団による活用

LLPは、技術やノウハウを提供する個人と資金を提供する事業者が連携して新たな事業を行うのに適しています。
なお、現在このLLP法案(有限責任事業組合契約に関する法律案)は、国会で審議中です。

お問い合わせは当ホームページの無料税務相談コーナーからどうぞ。

(文責−横須賀 博)

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

横須賀グループ

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791(代表)
FAX 03-3861-5796
URL http://www.yokosuka.jp
 

税理士法人 横須賀・久保田

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796
URL http://tax.yokosuka.jp
 

渇。須賀不動産鑑定事務所

TEL 03-3861-5299
FAX 03-5687-8255
URL http://kantei.yokosuka.jp