本文へスキップ

横須賀グループは、会計、税務、不動産鑑定を専門とするコンサルティンググループです。

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

横須賀G通信(FAXNEWS)FAXNEWS

YF-00396

発信 平成18年8月8日

不動産の収益価格について

最近、新聞や雑誌で「不動産の収益価格」に関する記事を見かけます。そこで、今回のFAXNEWSは「不動産の収益価格」とはどのようなものか分かりやすくお伝えします。

【不動産の収益価格とは】

不動産の収益価格とは、ある不動産が現在から将来に生み出す純収益(総収益から総費用を差し引いたもの)の現在価値の総和を示した価格をいいます。収益価格は、現在、賃貸に供されている不動産であれば実際の賃貸状況を基に、また、自ら使用している場合は賃貸を想定して求めます。

【収益価格の求め方】

収益価格=ある不動産が現在から将来に生み出す純収益の現在価値の総和
    =(一期間の)純収益÷還元利回り
    …直接還元法による算定式(ほかに、DCF法もあります)

【純収益と還元利回り】

それでは、各要素についてみてみると、

(一期間の)純収益 = (一期間の)総収益−(一期間の)総費用
総収益 賃料収入(駐車場使用料等を含む)のほか、敷金や保証金など預かり金的性格を有する一時金の運用益、礼金や権利金など賃料の前払的性格を有する一時金の運用益及び償却額など不動産所有者が受け取ることができる収益の総額。
総費用 対象となる建物の管理費(清掃費、警備費、保守点検費など)、維持修繕費、水道光熱費、損害保険料、土地建物の公租公課(固定資産税や都市計画税)、空室損失など不動産所有者が負担する費用の総額。
還元利回り 「将来の収益に影響を与える要因の変動予測」と「予測に伴う不確実性」を含むもので、類似不動産の利回りとの比較などから求められます。将来において純収益が減少する要因があれば、還元利回りは高くなり、純収益が増加する要因があれば、還元利回りは低くなります。

【むすび】

収益価格はその不動産の実際の純収益(自ら使用している不動産の場合は想定純収益)を基に求めるため、不動産の真の経済価値を示した価格ともいわれます。今後は不動産の収益が重視されたこの収益価格が、不動産取引の主流となるでしょう。
詳しくは当事務所まで。

お問い合わせは当ホームページの無料税務相談コーナーからどうぞ。

(文責−横須賀 博)

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

お知らせ


横須賀グループ

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791(代表)
FAX 03-3861-5796
URL http://www.yokosuka.jp
 

税理士法人 横須賀・久保田

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796
URL http://tax.yokosuka.jp
 

渇。須賀不動産鑑定事務所

TEL 03-3861-5299
FAX 03-5687-8255
URL http://kantei.yokosuka.jp