本文へスキップ

横須賀グループは、会計、税務、不動産鑑定を専門とするコンサルティンググループです。

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

横須賀G通信(FAXNEWS)FAXNEWS

YF-00430

発信 平成19年7月18日

「時代錯誤の法人税制3題」その後

平成13年9月18日(YF−00220)で「時代錯誤の法人税制3題」を提唱いたしました。
今回のFAX NEWSは、その「時代錯誤の法人税制3題」のその後の動きをお知らせ致します。

1. 交際費等の損金不算入

昭和29年の交際費等の損金不算入制度導入後、企業の交際費は冗費的支出として捉えられていることに異議を唱えましたが、平成18年度の改正で、交際費等の範囲から、1人当たり5,000円以下の一定の飲食費が除外されました。
交際費を冗費とする姿勢を、5,000円だけ改めたということになります。

2. 繰越欠損金の損金算入

財務諸表上の損失金があるにも拘わらず税負担を強いられることに異議を唱えましたが、平成16年度の改正で、平成13年4月1日以後開始事業年度で発生した欠損金の繰越期間が、7年(改正前5年)に延長されました。
しかし、欠損金の損金算入に時効がある限り、企業の再興を妨げている制度であることは間違いありません。

3. 同族会社の留保金課税

同族会社が一定額以上の利益を上げた時の留保金に対し課税されることに異議を唱えましたが、その後、留保金課税については、以下のような軽減が図られてきました。そして、平成19年度改正では、資本金1億円以下の法人については、ようやく、無条件に留保金課税がなくなりました。これにより、資本金1億円以下の法人が資金難等のため不動産等を売却し、たまたま高額な利益を上げた時でも、留保金に課税されることは無くなりました。

⇒ 平成14年度改正で、資本金1億円以下の法人について、留保税額が5%軽減されました。
⇒ 平成15年度改正で、資本金が1億円以下で自己資本比率が50%以下の法人について適用が停止されました。
⇒ 平成18年度改正で、所得基準額、定額基準額等が引き上げられ、適用される法人が大幅に縮小されました。
⇒ 平成19年度改正で、資本金1億円以下の法人について全て適用が除外されました。

以上のように、「時代錯誤の法人税制3題」は少しずつ軽減又は縮小されていますが、貴重な税収源でもあるためか、なかなか完全撤廃とはいかないようです。そればかりか、今度は平成18年度の改正で、役員給与の「定期同額」の規制及び「業務主宰役員給与の一部損金不算入」が新設され、中小企業経営に大きな影響を及ぼしそうなのが気掛かりです。
(YF−003090040400418参照) 

詳細は当税理士法人まで。

お問い合わせは当ホームページの無料税務相談コーナーからどうぞ。

(文責−横須賀 博)

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

横須賀グループ

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791(代表)
FAX 03-3861-5796
URL http://www.yokosuka.jp
 

税理士法人 横須賀・久保田

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796
URL http://tax.yokosuka.jp
 

渇。須賀不動産鑑定事務所

TEL 03-3861-5299
FAX 03-5687-8255
URL http://kantei.yokosuka.jp