本文へスキップ

横須賀グループは、会計、税務、不動産鑑定を専門とするコンサルティンググループです。

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

横須賀G通信(FAXNEWS)FAXNEWS

YF-00508

発信 平成21年9月18日

相続税の申告期限の延長

平成21年度税制改正において「非上場株式等についての相続税の納税猶予の特例」(YF- 00484参照)が創設されたことに伴い、相続税の申告期限の延長の特例が設けられました。
そこで今回のFAX NEWS では、相続税の申告期限が延長される場合の要件、手続についてお伝えします。

1 概要

「非上場株式等についての相続税の納税猶予の特例」は平成20年10月1日以後に発生した相続について遡及して適用されます。
そのため、経過措置として、平成20年10月1日から平成21年3月31日までの間に亡くなられた方(被相続人)が、下記A・Bの要件を何れも満たす場合に限り、相続税の申告期限(死亡の日の翌日から10ヶ月以内)が平成22年2月1日まで延長されます。
A 被相続人が直前に有していた財産の中に非上場会社の株式又は出資が含まれていること
B 被相続人が当該非上場株式等に係る会社の代表権を過去に有していたこと
(注)代表権は制限が加えられていないものに限る。

2 手続

(1) 提出書類

 申告時に「被相続人が会社の代表権を有していたことを明らかにする書類」を相続税の申告書に添付して提出します。
 具体的には、登記事項証明書の写しや税務署に提出されている法人税申告書 (代表者の署名のあるページ)の控え等。

(2) 添付義務

申告期限の延長の特例が適用されるため、「非上場株式等についての相続税の納税猶予の特例」の適用の有無や申告書の提出時期に関わらず、「被相続人が会社の代表権を有していたことを明らかにする書類」を提出することになります。

詳しくは当税理士法人まで。

お問い合わせは当ホームページの無料税務相談コーナーからどうぞ。

(文責−横須賀 博)

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

お知らせ


横須賀グループ

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791(代表)
FAX 03-3861-5796
URL http://www.yokosuka.jp
 

税理士法人 横須賀・久保田

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796
URL http://tax.yokosuka.jp
 

渇。須賀不動産鑑定事務所

TEL 03-3861-5299
FAX 03-5687-8255
URL http://kantei.yokosuka.jp