本文へスキップ

横須賀グループは、会計、税務、不動産鑑定を専門とするコンサルティンググループです。

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

横須賀G通信(FAXNEWS)FAXNEWS

YF-00559

発信 平成23年2月18日

平成23年度税制改正大綱(個人所得課税)

YF-00555でもお伝えしたとおり、平成23年度税制改正大綱では、企業にとってはデフレ脱却と雇用拡大を目的とした減税政策がなされている反面、所得税における諸控除の見直しが行われています。そこで今回のFAX NEWSは、個人所得課税の主な改正項目についてお伝えいたします(平成24年分から適用)。 

1 給与所得控除の見直し

給与の収入金額が1,500万円を超える場合、給与所得控除額は一律245万円となります。また、役員給与等の収入金額が2,000万円を超える場合には、下記のように給与所得控除額は徐々に縮減されます。 

給 与 収 入 給与所得控除(改正案) 給与所得控除(現行)
一般 1,500万円超 245万円 220万円+1,000万円を超える部分×5%




2,000万円超 245万円−2,000万円を超える部分×12%
2,500万円超 185万円
3,500万円超 185万円−3,500万円を超える部分×12%
4,000万円超 125万円

2 退職所得課税の見直し

退職所得の課税方法は、従来、退職手当等の収入金額から退職所得控除額を控除した残額の1/2とされていましたが、勤続年数5年以下の法人の役員等が退職した場合には、1/2の減額措置が廃止されることになります。

3 成年扶養控除の見直し

成年扶養親族(23歳〜69歳の扶養親族)の扶養控除は原則廃止されます。例外として、以下に該当する成年扶養親族のみが扶養控除の対象となります。

(1) 特定成年扶養親族
・ 65歳〜69歳の親族
・ 心身の障害等の事情により就労が困難な親族
・ 勤労学生控除の対象となる学生
(2) 所得が400万円以下の納税者:特定成年扶養親族以外の成年扶養親族

所得が400万円を超え500万円未満の納税者には、負担調整措置が設けられています。

改正法案が成立すれば、個人特に富裕層にとって大幅な増税となることが見込まれます。

お問い合わせは当ホームページの無料税務相談コーナーからどうぞ。

(文責−横須賀 博)

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

横須賀グループ

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791(代表)
FAX 03-3861-5796
URL http://www.yokosuka.jp
 

税理士法人 横須賀・久保田

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796
URL http://tax.yokosuka.jp
 

渇。須賀不動産鑑定事務所

TEL 03-3861-5299
FAX 03-5687-8255
URL http://kantei.yokosuka.jp