本文へスキップ

横須賀グループは、会計、税務、不動産鑑定を専門とするコンサルティンググループです。

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

横須賀G通信(FAXNEWS)FAXNEWS

YF-00632

発信 平成25年2月28日

住宅ローン控除の延長・拡充(平成25年度税制改正案)

平成25年度税制改正において、消費税の税率引上げによる住宅取得の影響を緩和するために、住宅ローン控除の延長と拡充が見込まれています。
今回のFAXNEWSでは、新しい住宅ローン控除の内容と注意点についてお伝えいたします。

1.改正住宅ローン控除の内容

  現行と延長(消費税5%) 拡充(消費税8%・10%)
居住年 〜H26.3 H26.4〜H29.12
借入限度額 2,000万円(3,000万円) 4,000万円(5,000万円)
控除率 1.00%(1.00%) 1.00%(1.00%)
各年の控除限度税額 20万円(30万円) 40万円(50万円)
控除期間 10年 10年
最大控除税額 200万円(300万円) 400万円(500万円)
個人住民税の各年の控除限度税額 9.75万円 13.65万円

※表中の括弧は認定住宅(認定長期優良住宅及び認定低炭素住宅)

2.消費税経過措置での注意点

改正住宅ローン控除は、所得税・住民税の控除額が延長・拡充される見込ですが、平成26年4月以降の入居であっても消費税の経過措置で5%の税率を適用する場合には、改正により拡充される住宅ローン控除は使えません。注意点は次のとおりです。

入居日(引渡し) H25年 H26.1〜H26.3 H26.4〜
契約日 - - 〜H25.9.30 -
消費税率 5% 5% 5%(経過措置) 8%
住宅ローン控除借入限度額 2,000万円 2,000万円 2,000万円 4,000万円

上記の表からもわかるように、改正された住宅ローン控除は、消費税の増税に対応して控除が拡大されるものです。そのため、消費税の経過措置(5%)を適用する場合には住宅ローン控除の借入限度額が2,000万円となりますので注意が必要です。

住宅を購入予定で住宅ローン借入金が2,000万円以下の人は、拡大された住宅ローン控除の恩恵を受けられないので、消費税率が8%になる前に購入した方がよさそうですね。

お問い合わせは当ホームページの無料税務相談コーナーからどうぞ。

(文責−久保田 勝一)

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

お知らせ


横須賀グループ

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791(代表)
FAX 03-3861-5796
URL http://www.yokosuka.jp
 

税理士法人 横須賀・久保田

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796
URL http://tax.yokosuka.jp
 

渇。須賀不動産鑑定事務所

TEL 03-3861-5299
FAX 03-5687-8255
URL http://kantei.yokosuka.jp